2018/04/02

『最新』ベビーカーのおすすめランキングTOP5!口コミで人気のA型&B型を3児のイクメンパパが選出!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3児のパパ。3度の飯より野球とラーメンが好き。

ベビーカーは赤ちゃん&子供たちにとって『大事な乗り物』です。座り心地&ずっと乗ってても『ストレスフリー』が大事!

赤ちゃんとお出かけする時に必要なベビーカー。色んなメーカー&種類があって「何を基準に選べば位か分からない」というママさんやパパさんも多くいます。ずっと「ベビーカーの口コミ」を見てにらめっこした経験がある方も多くいると思います(笑)

自身のライフスタイルによって購入するベビーカーも変わってきますし、どんどん改良されていて機能性抜群で軽量なモノも沢山あります!

「車移動が多い方」、「電車移動が多い方」の2つの違いだけでも購入するベビーカーは変わります。子供が主役なので「ストレスフリー」に近いモノを選ぶようにしましょう!何個も購入できるものではないので、今回「ベビーカーの特徴」や「実際使用している方の口コミ」など紹介していきますね♪

 

ベビーカーの選び方&購入時期

妊娠後期になり、出産が近付いてくるとそろそろ気になるのがベビーカーです。出産直後はほとんど外出できないので、実際にベビーカーを使い始めるのは産後2~3ヶ月以降です。

 

しかしベビーカーにもたくさん種類があり、「どれを選べば良いのかわからない」という方も多いです。私たち家族もそうでした…。

 

ベビーカーを選ぶ際は、ブランドやデザイン、価格だけでなく、住んでいる環境や利用シーンを考慮することが大切です。実際のベビーカーの購入時期は産後がおすすめです。

 

赤ちゃんとママが落ち着き、生活スタイルも少しずつ見えてくる産後1~2ヶ月頃で十分です。出産前にベビーカーを購入しても、抱っこ紐ばかりであまり使わなかったというママも多くいます。

 

電車移動か?車移動か?上の子がいる?マンションにエレベーターはあるのか?などで選択するものが変わります。

赤ちゃん、ママ、パパが快適に過ごせてライフスタイルに適したベビーカーを選択しましょう!

 

ベビーカーのA型&B型とは?

 

ベビーカーには、「A型」「B型」の2つのタイプがあります。これは日本のSG(安全基準)が定めた規格で、赤ちゃんの月齢によって分類されています。

 

海外ブランドには「A型相当」「B型相当」という注釈がついている場合が多くあります。

 

A型ベビーカー

 

新生児期を過ぎて『生後1ヶ月』から使えるA型ベビーカーは、移動中に眠れるようリクライニング機能が充実して、赤ちゃんを寝かせた状態で使用できるよう背もたれがフラットになるのが特徴です。生後1ヶ月~36ヶ月まで使えるものがほとんどで両対面式の物が多いのが特徴です。

ハンドルを切り替えて、赤ちゃんと向き合いながらベビーカーを押すことができるのです。

 

いつでも顔を合わせられて赤ちゃん&ママともに安心なので、生後早くからお散歩やお買い物などでベビーカーを使いたいというママにおすすめです。

 

B型ベビーカー

 

首や腰の据わった赤ちゃん『7ヶ月~を目安』を対象年齢としている物が多いです。赤ちゃんがおすわりできるようになってから乗るのがB型タイプです。

 

A型に比べてコンパクトで、操縦のしやすさを重視しているため、安価なものが多いのが特徴で、リクライニングや対面式にできる機能がないので可動部が少なく、軽くて持ち運びしやすいのがgoodな所です!

 

新生児の頃は抱っこでお出かけし、ベビーカーはおすわりができるようになってからでもというご家庭なら、B型は魅力的な選択肢の1つです。

 

選択肢はご自身のライフスタイルで変わります!

 

ベビーカーに乗って快適に過ごすのは赤ちゃんですが、扱うのはママ&パパ。ベビーカーを選択する際は、デザインやブランド、価格だけでなく、自身の住んでいる環境や利用シーン、操作性や利便性も大事です。

 

電車、バス、階段をよく使う

 

「軽くて、片手で簡単に折りたたむことのできるタイプ」や、「ベビーカー&抱っこひもを組み合わせて使えるタイプ」がおすすめ!乗り降りが多いため、軽くて片手でたためるベビーカーがおすすめです。

 

よく車で出かけ、ベビーカーを車に乗せることが多い

 

折りたたんだ状態がコンパクトで軽いタイプや、畳んだ時のサイズが車に合っているか、メーカーによってはチャイルドシートが直接取り付けられる場合もあるので、チェックしてみましょう。

車移動が多いと、赤ちゃんを長時間ベビーカーに乗せることも少なく、荷物も最低限必要なものだけ入れて持ち運ぶことができるので、軽くてコンパクトになるベビーカーがおすすめです。

 

近所に散歩&買い物で利用することが多い(家の周りに坂道やでこぼこ道が多い)

 

走行性と安定性に優れたものを選ぶようにしましょう。安定した走行ができ、段差が気にならない、衝撃を和らげるサスペンション機能を備えたタイヤがおすすめです。

 

アスファルトの段差を乗り越える場面や、狭い路地やスーパーで小回りを利かせて動くことが多いので、安定感があり走行性の優れたベビーカーが便利で良いです!

 

人によっては、こだわる所で「ハイシート」だとも高い位置にシートがあるから地表のホコリや熱から赤ちゃんを守ることができるからこの機能が大事、「かごが大きいのがいい」などこだわりも違います。

 

A型かB型かどうしても決められないという場合は、「自身のライフスタイルを基準」として選びましょう!人は人です。

それでは、おすすめをA型&B型を5選ずつ紹介していきます!

 

ベビーカーA型(生後1カ月~)おすすめ5選!

 

1、コンビ メチャカル オート4キャス エッグショック

 

『軽さに軽さを加えたベビーカーの理想』

街中の狭い道で軽々小回りでき、階段で軽々持ち運びできる。おでかけに嬉しいふたつの「軽さ」を叶える、ママ待望のよくばり設計されたベビーカーです!

片手で「ひょいっ」と、軽々持ち運びOK。「持ちカルグリップ」座面に持ち手を付けることで脇に抱えることができるようになっています。

ベビーカーがグラつかないで、安定して持てる設様になっており、軽く感じる持ち運び方を実現!だっこしながらサッと開閉「片手でワンタッチ開閉&ぱぱっとクローズ」片手でレバーを握って操作するだけで簡単開閉。

 

『口コミ』

とても軽くて、持ち運びが便利!

4キャスがいい感じで動きが軽いです。初めてのベビーカーなのでこんなものなのかもしれませんが折りたたんだ大きさが少し大きく感じました。
そしてなにより、色がとっってもかわいい!!ネイビーはよく出会うけど、こちらは今のところ同じの使っている人に出会ったことないのでナイス!

 

初めての子供でどんなベビーカーを買えばいいのか悩んでいたところこちらを見つけました。
・片手で開閉出来る
・女性でも簡単に持てる
・閉めた時に自立する
・日よけがきちんと閉まる
・操作の簡単さ
これらの点を全てクリアしていると思います。
改札も通れますし、下かごも大容量とまではいきませんが丁度いい大きさです。
そしてなんと言ってもデザインの可愛さです。ドヤ顔で歩いてます。笑
デメリットをあげるのなら、オート4キャスという事で小回りがきき、走行が楽チンな反面 歩道など少し坂になっている所は気を抜いてるとそっちに流れて行ってしまいます。
もう1つは、ab型なので仕方ないとは思いますが少しコンパクトさに欠けるところですかね。
と言っても、これくらいならどうってことありません。
とても満足の行く買い物でした。ありがとうございます!

 

『機能』

・持ちカルグリップ : 座面に持ち手を付けることで、脇でかかえることができ、車体がグラつかず、安定して持てる設計で、軽く感じる持ち運び方を実現しています。

 

・オート4キャス : 背面、対面のハンドル切替に連動して、進行方向に対し、前輪キャスター(軸部)が自動回転する「オート4キャス」。小回りがきいて、行きたい方向にラクラク行ける。

 

・やわらかい頭を守る洗えるWエッグショック : 衝撃吸収素材を頭の部分に搭載。通気&丸洗いOKだから汗ばむ季節も快適です。

 

『商品情報』

・メーカー名 コンビ

・本体サイズ 開:W497×D745~880×H1005~1050mm閉:W497×D480×H1020mm

・重量 4.8kg

・対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月

・体重制限 15 Kg

・価格 39,999 円

 

 

2、Aprica (アップリカ) カルーンエアー

 

軽量を追求した結果、アップリカは3.8kgまでの軽量化に成功!「軽いと赤ちゃんの乗り心地は大丈夫?」と思うパパ&ママも安心。軽いだけじゃない!機能満載なのです。

 

さらに、風を通し、路面の熱を反射させカットする「Wサーモメディカルシステム」、熱とホコリから遠ざける「ハイシート」、ビッグバスケットやワンタッチ開閉機能など、その他の機能も充実。

片手ワンタッチでたためるので時短ができ、とっさに持ちあげても負担が少なく軽々運べるのでストレスが軽減できます。

 

『口コミ』

ベビーカーを買わないといけないと思いながらも、常に車生活なので優先順位が低く。子どもが生まれて6ヶ月が過ぎ、小柄ながらも体重が6キロを超えて、そろそろ散歩に行くのに抱っこでは腰が辛くなって来たため購入に踏み切りました。
もう7ヶ月近いのでB型ベビーカーも使えるし、値段もピンキリで迷っていましたが…こちらはネイビーのデザインがかわいく、軽量で両対面式なので思い切って購入しました。
ほんとに軽いです。軽いですが、しっかり両手でハンドルを握っていないとベビーカーを押している際に車体がフラフラします。ガタガタしている道は特に。歩道によっては段差やガタつきのある場面では押すのに苦労しました。対面していると前輪の車輪が固定しているため、ハンドル操作はスムーズにいきませんでした。前を向けていると前輪の車輪は自由に動きました。日よけのホロが大きいので、下ろしてみた感じ狭い感じはしませんでした。荷物はそんなにはたくさん入りません。少し入れるのには丁度いいです。

 

『機能』

・ゆれぐらガード : 赤ちゃんが受けるデコボコ道での振動を軽減し、ママはベビーカーが押しやすく、ちょっとした段差でも力がかけやすいです。

 

・Wサーモメディカルシステム : シートの裏側に通気口を設け優れた放熱効果を発揮。さらに反射板によって路面の放散熱をはね返し(特許)、温度上昇を防ぎます。

 

・ハイシート52cm : 地面から赤ちゃんの乗る座席の位置を50cm以上遠ざけました。地面近くにあるホコリや有害な物質から赤ちゃんを守ります。

 

『商品情報』

・メーカー名 アップリカ

・本体サイズ 【開】W:45.5 × D:81.5~98.5 × H:100~103.5(cm) / 【閉】W:45.5 × D:30.5 × H:96.2(cm)

・重量 3,8kg

・対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月

・体重制限 15 Kg

・価格 32,130 円

 

 

3、エアバギー ココ ブレーキモデル(AirBuggy COCO Brake Model)

 

エアバギーCOCOのブレーキ付モデル。国産ブレーキブランド「KARASAWA」と共同開発された内拡式ドラムブレーキは、後輪ホイールに内蔵され、手元のハンドブレーキ操作によって走行時の速度コントロールが可能とします。またブレーキシステムの搭載による低重心化で通常モデルに比べ車幅もスリムになりました。

安全性・機能性を重視!スピード調整に適したハンドブレーキは、坂道や悪路で絶大な威力を発揮。安心で快適な押しやすさ感じます!

 

『口コミ』

操作性抜群。スマートだから改札も楽に入れます。
ブレーキタイプとても使いやすいです。
走行性にも優れていて、15キロある息子ですが軽々移動ができました。
次に生まれてくる赤ちゃんにも、マキシコシを使って利用したいと思います。

 

軽さが売りのベビーカーとエアバギーのどちらを買うか迷いましたがお店で試乗したところ小回りがとてもいいのと我が子が少し大きめなので軽さが売りのものだと少し狭そうだった為エアバギーを購入しました。エアバギーを購入して大正解でした。子供もとても嬉しそうに乗ってくれます。

 

『機能』

・ハンドブレーキで安全運転 : 坂を下るとき、下方向にかかる重力によってベビーカーは引っ張られてしまいます。そんなとき、ハンドブレーキが搭載されたエアバギーなら、手元で速度をコントロールしながら安全に走行することができます。

 

・快適な走りを実現する3角構造 : 走行性を重視したフレーム。3輪スタイルは前輪が1輪のため、進みたい方向に前方を向けるだけのハンドリングで方向転換が可能です。ハンドルを片手で握った状態であっても方向転換がラクに行えます。

 

・押して軽いを追求したエアタイヤ : 中空式エアタイヤとベアリングの働きによって、エアバギーならではの空気に触れているかのようなスムーズで軽快な押しやすさを実現。

 

『商品情報』

・メーカー名 AirBuggy(エアバギー)

・本体サイズ 【使用時】W53.5×D96×H104.5cm【折畳時】W53.5×D40×H82cm

・重量 9,5kg

・対象 3ヶ月 ~ 36ヶ月(首すわり)

・体重制限 15 Kg

・価格 39,800 円

 

 

4、ピジョン Pigeon ランフィ Runfee RA7

 

 

高機能、ハイシート、オート4輪機構搭載の両対面式A形ベビーカーです。段差をラクラク乗り越えられる16.5cmのシングルタイヤはそのままにさらに赤ちゃんの快適性がアップ!

シングルタイヤは、地面に触れる面積が小さく、軽い力で押せます。小回りが利くので、狭い場所や急な曲がり角もスムーズに曲がれます!大きなダイヤだから、小さな力で段差を乗り越えやすい。

路面からの赤ちゃんへの振動をやわらげるサスペンション。上下方向だけではなく、前方向からの力も吸収するので、スムーズに段差を乗り越えられます。中空タイヤで振動吸収。中にチューブを使用していないので、パンクしたり空気が抜けたりする心配がありません。

 

『口コミ』

まだ妊娠7か月ですが、初めての子でどのベビーカーにしようか迷っていた時、他の方のレビュー評価も高く良さそうだし新生児から使えるとの事で思い切って購入しました!
店頭でいくつかA型を見ましたが、店員さんではなくメーカーの方が説明してくれたため…意見が偏っている気がして、自分でカタログとにらめっこした結果オート4輪・シングルタイヤが決め手となりこちらのモデルに決めました。結果は大正解!
ストレスなく使えます、部屋でA型にセットすると大きさにビックリですが、本体の重さを感じることなくスムーズに動くのは流石という感じです。ただリクライニングの構造が意外と単純なのが驚きましたが、その他はよく考えて作られているなぁと感心するばかりです。
操作等に今から慣れることができるし生後1ヵ月から使いたいので買ってよかったと思います。

 

『機能』

・ハグットシートS : 高機能クッション材帝人エルク(R)を採用。首や腰が座っていない低月齢の赤ちゃんをしっかり支えます。一般のウレタンと比べて通気性が約5倍優れています。(洗濯可)

 

・リバーシブルシート : 表面には吸水速乾のメッシュシート、内部にはエルク(R)を使用。裏返してやわらか素材のシートでの使用もできます。(洗濯可)

 

・メッシュベースシート : 一番下には通気性の高いメッシュを使用しておりムレを防止します。また、お子様の成長に合わせてベースシートのみでの使用も可能です。

 

『商品情報』

・メーカー名 ピジョン

・本体サイズ 展開時(最大寸法):W510×D825×H1030mm(背面位)、W545×D955×H1030mm(対面位)折畳時(最大寸法):W510×D380×H1010mm

・重量 5,4kg

・対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月

・体重制限 15 Kg

・価格 49.480円

 

 

>5、ストッケ ベビーカー スクート2 ベーシックキット ブラックメラーンジ + キャノピー ブラック(セット買い)

セット商品のSTOKKE(ストッケ)スクート2 ベーシックキット ブラックメラーンジ+キャノピーのすごさは、その安定感。子供が自分で登り降りできるよう、ベビーカーの重心が低く安定性がありバランスが崩れない。

 

また、足元のフットレストは成長に合わせて高さを変えられます。対面・背面でそれぞれ3つの角度に調節できるので、ベビーの一番のポジションで乗せてあげられます。これらは、トリップ トラップのコンセプトを反映したもので、ストッケらしいこだわりです。

UPF 50のキャノピーがさらに大きく開いて、日差しや紫外線からデリケートなベビー肌をしっかり守ってくれます。

 

『口コミ』

普段徒歩メインなので、今までは少しの段差でも気を付けて歩いていましたが、スクート2は少しの段差は感じません。スムーズに進めます。

今まではコンビの軽いAB型を使っていました。ハンドルが低く腰が痛い、タイヤとタイヤの間が狭いのでタイヤに足がぶつかる、線路を渡る時にタイヤがハマって助けてもらったことが何度かあった所が扱いにくい点でした。その上子供が重くなって来て、押すのが大変になって来たので思い切って購入。

思った以上に小回りも利きます。電車にも乗りますが、ハンドルをたたむと人が1人入るくらいのスペースが出来、そこに立つと国内メーカーのAB型対面ベビーカーとさほど占領スペースは変わらないと思います。
改札は、一番狭い改札でギリギリ。ドリンクホルダーは外さないと通れません。玄関の3/4を占領していますが、重くて折りたたむのが大変なので、展開したまま玄関に置いています。
タイヤの空気も入れる必要がないのもありがたい。安定した走りに大満足です。

『機能』

・ハイシートで親子の距離を近づけます。対面・背面の両方に対応します。ハンドルの角度は、3段階に変えられます。

 

・360度回転する前輪は、ロックをかければまっすぐな走行も簡単です。ウレタンフォームを入れたタイヤは、空気入れ不要でパンクの心配がありません。

 

・簡単に折りたためて自立するため、収納に便利です。

 

『商品情報』

・メーカー名 STOKKE

・本体サイズ シャーシ/折たたみ時:長さ75x高さ111x幅55cm/長さ72x高さ32x幅55cm

・重量 12,8kg

・対象 1ヶ月 ~ 36ヶ月(※別売ストッケ イージーゴー X1 by ビーセーフ取付けの場合新生児から)

・体重制限 15 Kg

・価格 86,400 円

 

 

ベビーカーB型(生後7カ月~)おすすめ5選!

 

1、アップリカ マジカルエアー プラス AC

 


ビッグバスケットで使いやすさアップ! コンパクト車体ながら、大容量の収納力を確保。容量を前より約2倍の20リットルに増えました。オムツや着替えなどお出かけ欠かせないアイテムを今まで以上に収納できます。

簡単着脱シートは、肌トラブルの原因になる食べこぼしや汗から、未熟な赤ちゃんを守る、まるごと簡単に着脱できるシートを採用され、手軽に洗える仕様になっています。
シート頭頂部にあるジッパーを外してベルト類を外せば取り外し完了!

 

ハイシート52cmなら、シート高38cmのベビーカーに比べて表面温度が約2度低く、空気中の粒子も1~2割ほど低減されます。 ハイシート52cmでありながら高い剛性をもち、それでありながら前回モデルと同じ3.5kgと軽量を実現。それにより、8割の人が押しやすいと実感!

高剛性リジカルフレーム+ワイドタイヤで車体のグラつきを軽減され旋回性もUP。スムーズでストレスフリーな押し心地を実現。

 

『口コミ』

エアーバギーのセカンドカーとして購入しましたが、軽くて使いやすくて満足してます。一つ不満は、段差を乗り越えるのが大変です。これは、軽量化の為には仕方がないと思います

 

段差には意外と強いく、これまでレンタルしていたA型ベビーカー(メリッサライト)がつまづいていた段差を難なくクリアできました。軽い&走行性は中の上といった感じでエアタイヤには敵わないですがB型にしては良いと思います。日除けと肩ベルトの短さは改善の余地はありです。でも今のところ、使っていてこんなはずでは…と思うことは全くないので総合して満足です。

 

『機能』

・メッシュシート+Wサーモメディカルシステム、ひろびろシートでB型なのに抜群な乗り心地。

 

・ガタガタ道対策 : マジカルエアーに比べ上級グレードのプラスシリーズは67%幅広い大型ワイドタイヤとマルチショックレス構造になり、ガタガタ道でもスムーズな走行と安定感を実現。

・ハイシートに通気+熱をカット。充実機能で軽い!ベビーカー。

 

『商品情報』

・メーカー名 アップリカ

・本体サイズ 【開】W46 × D76~79 × H107.5~109.8 (cm) 【閉】W46 ×D33.5 × H95.5 (cm)

・重量 3,5kg

・対象 7ヶ月 ~ 36ヶ月

・体重制限 15 Kg

・価格 24,840 円

 

 

2、コンビ  F2 AF エフツー

 

片手でスタイリッシュ&スマート! 超軽量3.7kgのワンハンドストローラー! 7カ月頃から使えるスタイリッシュハイシートバギー「F2」です。

新しくなった「F2」は超軽量設計で持ち運びラクラク。フル装備重量3.7kgでフットワーク抜群の超軽量設計だから、階段などの持ち運びがラクラクです。

ハイシートは50cmを実現しました。スタイリッシュなママもスッキリ押せて、赤ちゃんも近く、乗せ降ろしもラクラク!さらに、新立体さらさらメッシュシートや完全着脱式ガードの搭載により、ますます赤ちゃん想いに!

 

「口コミ」

買い替えです。買い替えの条件は軽くて、取り回しが軽いこと。
コンビf2プラス、アップリカのマジカルエアーと迷い、実店舗で試乗させてもらいましたが、ダントツでタイヤ回しがスムーズでした。
購入した時11ヶ月(現在1歳半)の娘は、短時間しかベビーカー乗らない子でしたが、ビングルに買い換えてからは何時間でも乗ってます笑
乗ってる時に自分で角度を変えられるから、乗ってて楽しいんだと思います。これ無しではショッピングモールで時間潰せませ

 

もうすぐ2歳になる子供のために購入しました。雨の日でも私が傘をさしながら片手で移動が可能なものを探していたところこの商品に廻り合いました。体重11キロの次男ですが、乗せても移動がとにかく軽い!!回るときもスムーズだしこれなら毎朝が苦痛でなくなりました。バギーと形は似ていますが日除けもしっかりあるし、畳むとコンパクトになり片手で楽に畳めます。

 

『機能』

・ぱぱっとフィットベルト : 引っ張るだけで簡単にフィットする新構造のベルト。赤ちゃんの成長に合わせて手軽に調整ができます。

 

・左右連動ブレーキ : 後輪についているブレーキバーを踏むだけで、左右のタイヤのロックも解除もできます。

 

・片手ワンタッチ開閉 : 片手でサッとたためて、片手でサッと広げられる構造を採用。赤ちゃんをだっこしながらでも簡単にスムーズ開閉できます。

 

『商品情報』

・メーカー名 コンビ

・本体サイズ 開:W495×D715~775×H1040mm閉:W495×D300~370×H890mm

・重量 3,7kg

・対象 7ヶ月 ~ 36ヶ月

・体重制限 15 Kg

・価格 19,800 円

 

 

3、リッチェル カルガループラス

 

 

51cmのハイシートで、地面のほこりや熱から赤ちゃんを守ります。カンガルーのお母さんが子どもをお腹の袋に入れて移動するように、ママと赤ちゃんがいつでもどこでも一緒に行動できるよう大切な赤ちゃんとの移動を「カルガルー」がサポート。

110~130°の間で無段階調節できるリクライニングシートになっています!深く座れるゆったりシート。奥行きもたっぷりあるので、赤ちゃんのお尻や股をすっぽり包みこみ、長時間の走行も疲れさせません。

赤ちゃんが触ってシートベルトのロックが解除されてしまうのを防ぐため、バックルカバーが装備されています。

『口コミ』

軽くて持ち運びやすく、ハイシートで、お値段もお手頃なものを探していました。某ショップで実際に試乗しアップリカのベビーカーと迷いましたが、座席がリッチェルのほうが広かったのでこちらに決定しました。リクライニングできるバギーが少ないなか、デザインもかわいくて大変満足です。

 

軽量ですが、アルミフレームの剛性とホイールベースが長いためか、歩道の段差等を超える際も安定感があります。
自身の環境ではベビーカーを折りたたんだ状態で赤ちゃんを抱いて階段を移動する必要がある為に、『アップリカのマジカルエアープラス』に比べて500g軽い点が購入の決め手になりました。

 

『機能』

・18Lの大容量の小物収納が装備されています。

 

・130°のリクライニング付き。

 

・地面のほこりや熱から赤ちゃんを守る51cmのハイシート。

 

『商品情報』

・メーカー名 リッチェル

・本体サイズ W44.5×D82.5×H107cm

・重量 3kg

・対象 7ヶ月 ~ 36ヶ月

・体重制限 15 Kg

・価格 20,614 円

 

 

4、レカロ ベビーカー イージーライフ

 

RECARO Easy Life / レカロ イージーライフは、6ヶ月(ひとりすわり頃)~ 3歳位(目安:適応体重15kg以下)までのお子様向けベビーカーです。

今までには無い新しいデザインで、簡単に折り畳みができます。さらに、高さ59cmまで小さく収納が可能、自立できるので置き場所にも困りません。

超コンパクト&ハンディ。折りたたんでクルマのトランクに収納しやすいコンパクトサイズ。ベビーカーの開閉もかんたん操作のハンディ仕様です。前後輪ダブルホイール&サスペンション付きで、凸凹道でも快適な走行が可能になっています。

エアメッシュ+スムース2トーンシート、リクライニング角度は100°から142°です。通気性のよいエアメッシュと肌ざわりのよいスムースシートで快適な座り心地です。また、開閉ウィンドウ付大型キャノピーがでお子様を日射しから守ります。天井部分に開閉式の窓を装飾しているので、お子様の様子を見ることができ安心です!

『口コミ』

二台目のベビーカーです。替えてビックリ、とにかくフレームの剛性が高くある程度路面がキレイなら手首のスナップだけで操舵できますし、以前はまっすぐ進むのにすら苦労していた片斜の道などでもぐんぐん進みます。
そもそも剛性が高い上にフレームがまっすぐ前輪に伸びているのが効いているのではないでしょうか?

軽ハイトワゴンのラゲッジ半分くらいで済んでしまう格納性の高さ。コンパクトに畳むことができるので、持ち運びにもあまり重さを感じさせません。

前のも一応残っていますが、嫁はよほどのことがない限りこっちしか使わなくなりました。超オススメです。

 

軽自動車にも楽に乗せられるコンパクトなベビーカーです。開閉は少しコツが入りますが数回で慣れる程度です。
使ってみると使いやすくデザインも気に入ったので文句無しです。乗り心地も良さそうです。

 

『機能』

・ゆったり・リクライニング角度 : 100°から最大142°の深いリクライニング角度で、赤ちゃんもゆったり眠れます。

 

・左右リンク式後輪ストッパー、肩パッド&5点ベルト、足のせステップ(ストライプ・ライン加飾)、前輪キャスター、ウォッシャブルシート。

 

・超コンパクト収納 : かんたんに折りたたみができ、高さ59cmにまで小さく収納。自立できるので置き場所にも困りません。

 

『商品情報』

・メーカー名 Recaro

・本体サイズ 通常時:高さ1050 × 幅480 × 奥行800 [mm] 収納時:高さ590 × 幅480 × 奥行260 [mm]

・重量 6,1kg

・対象 6ヶ月(ひとりすわり頃) ~ 36ヶ月

・体重制限 15 Kg

・価格 26,998 円

 

 

5、リッチェル リベラ フルエR

 

軽量で通気性バツグンで、4才まで使えるベビーカーです!お出かけに便利な機能が充実した、ロングユースの実力派ベビーカーです。

超ワイド&出し入れ簡単バスケットで、従来品より間口が広くなり、荷物が出し入れしやすくなりました。ママバッグやおむつがすっぽり入ります(容量26L、耐荷重5kg)

赤ちゃん快適で機能充実!カバーを外すと全面メッシュになり、従来品より通気性がアップ! 暑い時期も快適に過ごせます。シートカバーは取り外しができ、丸洗い可能なので清潔感もアップ!

大きな丸型日除けは角度が調節できる可動式なので、巻き上げ可能な背面布と合わせて前後の日差しから赤ちゃんをしっかり守ります。5点式シートベルトで赤ちゃんをしっかりホールド。

 

バックルにはカバーが付いているので、直接バックルが当たらず、やさしい触れ心地です。赤ちゃんのいたずらを防止します。ドア挟みを防止する検知部品装備で、公共交通機関の利用も安心です。前後輪に振動を吸収するサスペンション付きなので、ガタガタにも優しい!

 

『口コミ』

取り回しが良く、収納力も抜群です。ほんと使いやすい!小さくなるので抱っこで電車やバスにも乗れる!150センチ未満の私でも大丈夫!
乗り心地もイイみたいで今のところ大人しく乗ってくれています。ベビーカー嫌いの息子が寝るなんて!もっと早く購入すれば良かった…。

 

思ってた以上にバスケット大きかったです。下のカゴは出し入れし易くタップリ入ります。荷物をハンドルにかける必要はないのも快適です。

リクライニングがなく、寝られるか心配だったけどスヤスヤ寝てくれた。ぐずる事なく快適そうに乗ってました。購入して良かったです。

 

『機能』

・赤ちゃんが大きくなってもゆったり座れるゆとりのシートスペースです。

 

・ムレない全面メッシュシート。シートカバーは簡単に着脱できて、丸洗いもできます。カバーを外すと全面メッシュになるので暑い時期も快適です。

 

・収納たっぷりで、荷物の出し入れラクラクで、超ワイドバスケットで出し入れ簡単。

 

『商品情報』

・メーカー名 リッチェル

・本体サイズ 使用時:47×88×103Hcm 折畳時:46×37×83HHcm 座面幅:35cm、座面高さ:46cm

・重量 4,9kg

・対象 7ヶ月 ~ 4歳まで

・体重制限 18 Kg

・価格 12,453 円

 

 

我が家の場合

色んなベビーカーを紹介しましたが、我が家は3人の子供がいます。4歳長女、2歳7か月の長男、0歳1か月の次女です。

今回、3人目が産まれるにあたって3代目のベビーカーを購入しました!

1代目は、A型のAprica (アップリカ)、2代目はB型のMaclaren(マクラーレン)を使用していました。今回購入した3代目は、エアバギー ココ ブレーキモデル(AirBuggy COCO Brake Model)です。

A型のおすすめで紹介しましたが、我が家は車もないですし、平らな道が多いので重量があって安定している(重さ)こちらを選びました。

マンションにエレベーターもありますし、持ち運びに苦労はしていません。2歳の息子は喜んで自ら進んで乗ってくれます(笑)0歳1か月の次女も乗るので(乗れる時期が来たら)、清潔に使ってほしい…。

 

購入にあたって大事な事は「長く使用する」です。3歳や4歳までと考えたら、購入価格は凄く大事な1つだと思います。しかし、ベビーカーに乗る回数は多いです!

ずっと乗っていたら、3年、4年もしたらボロボロです(我が家はタイヤがやられました)。

長く使うので「ノンストレス」で使用できるものを購入しましょう!安く買っても、段差でイライラ、すぐ壊れる、小回り効かないなどで毎回押すのがしんどい&イライラしないようにです!

 

我が家は3代目になりましたが、毎回利用する年齢や場面も違ったのでその都度満足に使っています。新しくなれば機能もアップしているので比べたら良くなるのは当然かと(笑)

皆さんも、ママが使用しやすさが1番大事だと思います!何度も言いますが、場面で選ぶようにすること&ライフスタイルに合わせたベビーカーを購入するのが経験者としてのアドバイスです!

 

まとめ

 

ベビーカーのおすすめはいかがでしたか?どのベビーカーにも一長一短があるので、何を優先し、何に妥協するかということを整理しましょう。

赤ちゃんと「楽しく安全に」パパ&ママのお出かけをサポートしてくれるベビーカーは、子育てのマストアイテム。お出かけの頻度、時期、場所、走行性がいいか、ライフスタイルを考慮した上でベビーカーを選ぶことが大切です。

 

後は、持ち運びができるものがいいなど、ある程度機能の優先準備を決めてから選ぶといいですよ!

 

新生児のころから使いたいママ、車を使うことが多いママ、お子さんに兄弟姉妹がいるママ、快適に過ごせる理想の一台を見つけましょう!ダラダラ悩むより、案外一番最初に選んだものが良いかもです(笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
3児のパパ。3度の飯より野球とラーメンが好き。
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© papakara , 2018 All Rights Reserved.