2017/12/15

【桜林直子】SNS映えで人気のクッキー屋さん!「ほぼ日」で連載を持つ中3の娘を育てるシングルマザーとは…

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3児のパパ。3度の飯より野球とラーメンが好き。

 SNS映えで人気のクッキー屋さんは、中3の娘を育てるシングルマザー!

 

本名: 桜林 直子(さくらばやし なおこ)

生年月日: 1987年生まれ

出身地: 東京都

お菓子の専門学校卒業後、チョコレート会社に就職(製造ではなく、経理、販売、商品開発、企画)。その後、2011年にクッキー屋「SAC about cookies」をOPEN。

 

ー活動ー

SNS映えがするクッキーとして、遠方から足を運ぶ人も多くいるお店クッキー屋「SAC about cookies」を経営。

見た目も可愛くオシャレなクッキーは、プレゼントにも良いと評判です!

現在は、ギフトクッキーの注文が多いそうです。

2011年に独立し渋谷区の富ヶ谷に「笑えるように、踊れるように、旅するように」がコンセプトのクッキー屋さん「SAC about cookies」をオープン。人気クッキー屋さんの経営以外に、飲食店のアドバイザーとしても活動中!

 

現在までの流れ -経歴-

 

 

桜林さんは、製菓の専門学校を卒業後、都内にあるチョコレート屋さんに就職。

そこでは、販売、企画を担当していました。23歳の時に結婚。その後、長女の「あーちん」を授かりました。

結婚して、旦那さんとは別に喧嘩をしたりすることもなかったそうですが「こんな家庭を作りたい!」という目標もなかった為、自然に離婚する流れになり、シングルマザーとなりました。

 

子供が小さい時は、熱を出したり、預けてたら熱だとお迎えもある。後は、学校の用事があったりでずっとお店にいる販売員の仕事をするのは無理だと気づいたそうです。

そこで、「家に持って帰れる仕事」として事務職に。仕事内容は、商品やパッケージの企画、お菓子の製造数の管理など、おひとりでされていたそうです。

新店舗の出店に2回携わり、振り返れば現在のお店出店の「練習になっている」そうです。

 

お店の開店まで

 

お店の開店準備の1つとして、軽い気持ちで不動産へ。

お店の面積など伝えたら、現在のお店の大家さんを紹介されたそうです。以前は夫婦でとんかつ屋さんを営んでいたけどその時はお店を閉めていた。2階は大家さんの住居で1階は貸していなかった。条件として、「内装をあまり変えない」、「夜遅くまで営業しない」、「騒がしくしない」の3つの条件がクリアなのでお借りすることになったそうです。

その後のお店の準備は順調に進んだそうです。

前職を退社して1カ月半後の、2011年10月に無事オープン!

 

想いのこもったnote

 

桜林さんは、「note」でコラムを書いています。私は、このコラムを読みファンになりました。そして、自分自身が見透かされている気がしました。

短編小説ではないけど、どこか主人公がいてそれが自分なのでは?と思う節があったり、共感できるなーと思うような内容だったり、とても楽しく拝見させて頂いてます。

ちょっと紹介します。

こんな感じのコラムです。素敵ですね!また別のページで書こうと思うので、その時またアップします!

 

相談に答えるTwitter

 

この題名は、ただ私が読んで感じたままの名前です(笑)

投稿者の方のコメントに適切なアドバイス。端的なんですが腑に落ちる。説明よりもちょっと紹介。。

 

すごく納得です。私も、仕事を何回か変わっていますが基準として「誰と働くか」というのは凄く大事な事でした!

 

朝ごはんにプリン…。。中々思いつかない発想…。ただ、あれば起きるのは楽しいかも(笑)

 

やっぱりブレない強さは大事ですよね。しっくりこなかったら普通は「しょうがない」と思ってしまいますが「考える」という選択肢は簡単なようで難しいです。

 

これだけ見ても、桜林さんのTwitterは楽しいですよ!後は、娘のあーちんの事とか、お弁当など投稿されています。

是非見て見て下さい!面白いですよ!私はフォローさせていただいています。

 

イラストレーター「あーちん」

 

https://twitter.com/sac_ring/status/929676701675614209

 

娘さんの「あーちんは」、天才イラストレーターとして活躍中。

2009年に「ほぼ日マンガ大賞2012」に、約1000通の応募の中から入選。小学生漫画家として「くまお」を連載し話題に。

現在15歳で、学校では音楽系の部活に入っており、ギターも得意だとか。

桜林さん(お母さん)の、子育てに関して話題になっています。これもまた、別の投稿で紹介していきます!

 

まとめ

 

 

クッキー屋さん。。私もお菓子の学校を出ているので分かるんですが、本当に凄いことだと思います。

桜林さんが、初めての就職の時にお菓子屋さんの製造をしなかった理由は「専門学校で自分よりも上手な人がいっぱいいた」と言っていたのを観ました。

確かに、同じ学校で同じ学年でそんな人ばっかりだったら、違う学年、違う学校、今働いている人なんて考えたら、製造の選択肢、夢なんて…と思います。

初め、製造じゃなく11年働いていたのにもかかわらず、ここまで出来たのは「経営者スキル」&「前職の2件オープンに携わった」ことも大きいですよね!

元々お菓子屋さんがやりたかったわけでもないでも、経験がスキルとして身についているからこそ今があるんですね。

これからも注目させていただきます!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3児のパパ。3度の飯より野球とラーメンが好き。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© papakara , 2017 All Rights Reserved.