パパから日常の情報を届けます!

『効果抜群!』おすすめのダイエット記事!☞

桜林直子『カラフルなアイシングクッキーがインスタ映えする』と話題に!?シングルマザーとしての子育て方法とは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元パティシエで3児のパパしてます! ラーメン&野球をこよなく愛す33歳です。 元々インターネットの広告営業していたので、女性の美容関連&ダイエットも詳しので記事にしていきたいと思います。 後は、芸能ネタや住宅、子供関連のことも書いていきます♪

桜林直子『カラフルなアイシングクッキーがインスタ映えする』と話題のクッキー屋

 


 

本名: 桜林 直子(さくらばやし なおこ)

出身: 東京都

生年月日: 1978年

年齢: 38歳(※2017.11.27現在)

経歴: 製菓専門学校卒業 → 都内のチョコレート会社に就職(販売、人事、経理、企画、広報、営業) → SAC about cookies経営

 

桜林直子さんの経営する「SAC about cookies」のクッキーは、インスタ映えする、SNS映えすると話題になっています!

見た目も可愛いし、ギフトとして送っても喜ばれます。最近では、雑誌のコラムやインタビュー、今度はテレビで取り上げられるなど注目されています。

私も、桜林さんのコラムやクッキー屋さんが好きで拝見させて頂いております。※前書いた記事(SNS映えで人気のクッキー屋さん!

 

実際、どんなの?と分からない方もいますのでお店(SAC about cookies)のTwitterページ&Facebookページがあったので紹介していきます。

 

※そもそもアイシングクッキーとは?

アイシング(icing)とは…英語で「粉砂糖に卵白等を加えて練ったもの」・「お菓子にかけるお砂糖の衣」という意味。そのアイシングをカラフルに着色して、クッキーに絵やメッセージを描いたり、デコレーションを施したものがアイシングクッキーです。

 

SAC about cookiesのTwitter&Facebookは可愛いクッキーがいっぱい

 

アイシングクッキーに限らず、いろんなバリエーションのクッキーやパッケージや箱も可愛いです。

新商品やあーちん(イラストレーターの娘さん)図案のデザインなど種類も色々あります。ちょろっと紹介!

 

かわいい!友達と食べても良いし、家族でもよいし、子供がいても良いし、結局みんなで食べると喜ばれますね!もちろん一人でも。

 

https://twitter.com/SACaboutcookies/status/927480466080333824

美味しそうですねー!酸っぱい酸味がクッキーとの相性が良さそうです。実家に持って帰ったら喜ばれそう(笑)

 

 

やっぱりいいなー!とにかくカワイイ(笑)箱も家なので、友達にあげたくなりますね!お家にお邪魔した時とかに。

 

こんなにいっぱい鬼がいたらうちの子は泣いてしまいます(笑)食べるかな~逃げるかな~…多分逃げます。クッキーと分かっていても…(笑)


あーちんが図案の6周年クッキー。食べるのが勿体ないくらいカワイイ✨一枚だとちょっとシュールですね(笑)

 

Twitter&Facebookの投稿を何個か紹介しましたが、まだまだ沢山あります!見ていて楽しんです。美味しそうなんですけど、いざ目の前にしたら食べられない!勿体ないか(笑)

そんなクッキーがたくさんあります。是非見て見て下さい!注文してしまいますよ。私みたいに(笑)

 

桜林直子さんの「私にしかできない子育て」

 

 

桜林さんの娘さんは「あーちん」と言って、「ほぼ日刊イトイ新聞」のなかで「たべびと」を連載中のイラストレーターとして活躍中なんです!

「子供は親の別人格の一人の人」と考え、姉妹のような仲良し母娘で、あーちんの小さい頃に「学校以外の自分の居場所を探す」など、好きな事、得意な事を延ばしていく子育ては必見!

 

子育てで譲れないものがあったそうです。それに気づいたキッカケは「小学生になったあーちんの夏休み」だそうです。

子供は40日休みがあって、会社員の自分は4日。子供が時間を持て余しているのは良くないと思い、「仕事をするうえで譲れないもの」を絞ったそうです。

 

・夏休みをきちんと取るようすること

・二人で生活していくうえでキチンと稼ぐこと

・好きに時間が使えること

・あーちんの学校以外での居場所を見つけること

 

 

あーちんが学校以外の居場所を見つける事とは、小学校の時に面談や授業参観の全体的な雰囲気として、できることや好きな事を伸ばせる環境ではなかったそうです。

均等、平均になるように、絵が上手でも、スポーツが出来ても褒めてもらえない。先生が悪いのではなくて、あーちんの得意な事を伸ばしてあげたいと思ったから「学校以外の居場所を見つける」ように考えるようになったんですね!

 

ー子供のすきを伸ばすコツは?-

 

とにかく褒めたおす!ほっといても夢中になれるものは何か見ていて、得意なことを活かせる場所、親以外に褒めてくれる大人を探し居場所をつくる事を意識したそうです。

あーちんは、運よくほぼ日で連載しているが、それも、絵画教室ではなく彼女と目が合う場所を探した結果だそうです!

 

ー子育てのモットーは?-

 

「おとなになるのはこわくないよ」と大人に憧れるように、大人がまず楽しんでいる姿を見せる事。

「子供」としてみないで、大人になる道を作っているそうです。

親とは別人格の一人の人として、この人はどんな人なんだろうと関心を持ってよく見るようにしているそうです。

こどもが、親の考えが自分の考えだと思わないように、いつも自分の頭で考え、どう思ったかを言えるように癖付けるようにしていると(人のせいにするなという厳しい面もあると)

 

桜林さんの言葉で、周りの誰かのいい所を切り取って集めても、何者にもなれない。今の自分の持ち物で出来る事をやる。言い変えれば「それはあなたにしかできないよ。ずるい」と言われることを見つけてやる!というのを拝見しました。

自分に対しても、子育てに対しても、自分らしく、自分府が出来る事を探さないといけないんだなと気持ちにスッと入った感じがしました!

 

まとめ

 

 

同じ親として、尊敬いたします。自分が譲れないものがあって、子供の為にそこまで考えて出来るかと言われれば出来ないことがでてきて、それを正当化してしまいそうです。

後は、子供の為に居場所を見つけてあげることは「何かを習わせる」のではなく、ピンポイントに「好きな事」を一緒になって探してあげることは今からでもしていきたいと思います。

今後も、桜林直子さんの子育てをすべてではないですが参考にさせて頂きたいと思いました。

 

The following two tabs change content below.
元パティシエで3児のパパしてます! ラーメン&野球をこよなく愛す33歳です。 元々インターネットの広告営業していたので、女性の美容関連&ダイエットも詳しので記事にしていきたいと思います。 後は、芸能ネタや住宅、子供関連のことも書いていきます♪
この記事を書いている人 - WRITER -
元パティシエで3児のパパしてます! ラーメン&野球をこよなく愛す33歳です。 元々インターネットの広告営業していたので、女性の美容関連&ダイエットも詳しので記事にしていきたいと思います。 後は、芸能ネタや住宅、子供関連のことも書いていきます♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© papakara , 2017 All Rights Reserved.