キレイに痩せる準備できていますか?

ダイエットして失敗を繰り返したダイエットのプロが語る!失敗の理由とは…

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元パティシエで3児のパパしてます! ラーメン&野球をこよなく愛す33歳です。 元々インターネットの広告営業していたので、女性の美容関連&ダイエットも詳しので記事にしていきたいと思います。 後は、芸能ネタや住宅、子供関連のことも書いていきます♪

 

ダイエット失敗を繰り返し学び実践して-8kgに成功した方の失敗の理由を教えてもらったので記載します!

 

  • mieさん
  • 34歳
  • 主婦
  • 子供2人(長男5歳、3歳長女)

 

mieさんのダイエットの失敗の理由とは?(体験談)

 

子供の頃からぽっちゃりの私。

いつか私もぽっちゃりから卒業して、綺麗な人になるんだ!と思っていました。

いつも自己流のダイエットをしては失敗を繰り返していました。

そんな自称ダイエットのプロの私がどんな失敗を繰り返したのか、お伝えしたいと思います。

 



完全個室のダイエットジム es three[エススリー]で2ヶ月間で体重マイナス15kg

ダイエットを始めたのは小学校5年生から

 

小学校5年生で、確か身長158㎝体重53キロありました。

 

見た目としてはぽっちゃりで、今思えば全然太っている部類ではないのですが、

周りの子が痩せて見えたので、どうしても痩せたいといつも思っていました。

女の子は痩せた足でウエストがくびれている、という幻想を抱いていた、実際は普通体型の小学生でした。

 

当時はテレビでご飯やお菓子を食べない、

食事制限ダイエットをよく見かけていたので、私も食事制限すれば痩せると思っていました。

 

最初は自分で決めた食事制限をしていました。

 

夜ご飯は普通に食べると太ると勘違いし、

母親が必ず晩ご飯を作ってくれるにも関わらず、

冷蔵庫にある野菜や玉子などを入れた雑炊を自分で作っていました。

 

ご飯は本来お茶碗で1杯食べていたのに、

雑炊にすればお茶碗半分でお腹いっぱいになりました。

 

これは痩せる!と毎晩雑炊を作っていましたが、

体重がビクともしないため、止めました。

 

雑炊以外はお菓子をバンバン食べていたのと、

子供なのに食事制限したせいで、

少ない食事量で体が順応してしまったので失敗に終わったのだと思います。

 



【酵水素328選生サプリメント】

どうしても止められないお菓子の過食

 

物心ついた頃から、母親が店番をしている小さなお店で好きなだけお菓子が食べられる、

というのが私のお菓子好きに拍車をかけたのかもしれません。

 

どんぶり勘定のお店だったので、

あとでどうやって帳尻を合わせていたのか分かりませんが、

母親が店番をしている時は好きな物を好きなだけ食べていました。

 

お菓子だって、菓子パンだって、アイスだって。

 

その時はそんな特殊な状況が異常だとは思わないので、

お腹いっぱいになるまで食べていました。

 

お店は小学校に近かったので、学校帰りにお菓子をいっぱい食べてから家に帰りました。

 

その代わり、家にはお菓子が存在しませんでした。

 

一人で帰らずに母が仕事を終えるまでお菓子を食べ続けて、

母と一緒に帰るという親孝行のようでそうではない、荒業もしていました。

 

お菓子を止めれば食事制限しなくてもダイエットできる?

 

自分に都合のいいようにダイエットを解釈して、お菓子を止めたこともあります。

 

でも、はい、今日からお菓子を食べてはいけません!となると、

頭の中はお菓子だらけです。あーお菓子食べたい、お菓子食べたい。毎日悶々としていました。

 

そんなダイエットは精神的によくありません。

 

3日はお菓子を食べず我慢できましたが、4日目母のお店に遊びに行って、

一袋お菓子を食べた瞬間、あり得ない程のお菓子を食べて、ダイエットは終了しました。

 

これは、忘れた頃にやっていた、

自称お菓子抜きダイエットです。

 

お菓子に限らず自分の大好きな、

特定の食べ物を食べてはいけない、

といきなりシャットアウトすると反動がすごいことになります。

 

その名残なのでしょうか、今でもお菓子をたくさん食べたいと思ってしまいます。

 

新商品を見かけると買わずにいられません。ストレスが溜まるとお菓子を過食してしまいます。

 

ポテトチップスを食べた後、甘いものが食べたいからチョコレートを食べて、

その後しょっぱいものを食べたくなっておせんべいを食べていたりしました。

 

もちろん、お菓子の過食の前後の食事は普通に取っていました。

 



【酵水素328選生サプリメント】

嫌なことをしたらストレスで食べてしまう

 

小学校から高校生までダイエットに失敗しては、

ダイエットを始めていました。始める時はいつも、

今度こそ頑張るぞ!と意気込んでいますが、すぐにやーめた、となります。

 

意志が弱いのです。

 

一時期下宿をしていたので、食べたくない食事を出されて、

食わず嫌いの私はほとんど食事を食べずに、近くのコンビニで、当時大好きなチーズ蒸しパンを必ず買って食べていました。

 

その頃は1日5食食べていました。体重もうなぎのぼり、とうとう3段腹になりました。

 

仕事を始めてからは煙草を覚えてしまったので、

お菓子を食べなくても煙草を吸っていれば空腹やお菓子を食べたい欲は紛らわすことができました。

 

何年か後に、禁煙できてしまったので、その後はまたお菓子の過食が始まりました。

 

ストレスは過食に向かってしまうので、

まずはストレスを取り除くことがダイエットよりも先決です。

 

今一度ダイエットするべきなのか、考えてみましょう

 

子供の頃適正体重で、ダイエットしなくていいのにダイエットを始てしまい、ダイエットから足を洗えなくなってしまいました。

 

歪んだ女性像を持つことによって、

やらなくてもいいダイエットをしている人がいるはずです。

 

一度BMIを計算してみて下さい。

 

  • BMI=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}

 

BMIが普通体重(18.5~25未満)なら普通体重なので、ダイエットは必要ないと思います。

 

まとめ

 

段階を踏まずに、食事やお菓子を制限すると、

頭はそのことだけでいっぱいになります。勝手な食事制限は精神的によくありません。

 

また、ストレスで過食に走ってしまうので、

ダイエットの前にストレスを取り除くことが先決です。

 

そして、本当にダイエットするべきなのかBMIを計算するなどして、一度自分を顧みてみましょう。

 



完全個室のダイエットジム es three[エススリー]で2ヶ月間で体重マイナス15kg

 

この記事を書いている人 - WRITER -
元パティシエで3児のパパしてます! ラーメン&野球をこよなく愛す33歳です。 元々インターネットの広告営業していたので、女性の美容関連&ダイエットも詳しので記事にしていきたいと思います。 後は、芸能ネタや住宅、子供関連のことも書いていきます♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© papakaraダイエット , 2019 All Rights Reserved.