有吉ジャポン「フェチフェス」の世界観が圧巻!女性たちが秘めた欲望を解放する祭とは?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3児のパパ。3度の飯より野球とラーメンが好き。

有吉ジャポンでフェチフェスという謎の世界を徹底調査!そこには普段秘めた欲望を爆発させるたくさんの女性たちの姿が!

今回の有吉ジャポンは「フェチフェス」です。ネット投稿などで調べてみると、会場に行って参加している方が多かったことに驚きました!

内容は、「フェチフェス」に潜入調査して謎多き実態を暴くです!会場内は、普段欲望を秘めた女性たちが沢山…。思いを爆発させるかのように色んな格好で参加しています!

ばんそうこうや限界を超えた紐水着などで極限露出して大丈夫!?噛みつきOK!?女性の皆さまは、なんで魅了されるのか?あと、レディーガガもやっていたの!?最先端フェチ「ウェット&メッシー」とは一体なんだろう!?これ一番気になります。。

フェチフェスを見てしまったら眠れそうにもありません…。強烈で刺激的過ぎて…。そもそもフェチフェスって?と思う方もいると思いますので、口コミや投稿を紹介していきたいと思います。

 

フェチフェスとは?

2013年1月から始まった、「フェティシズム」をテーマにしたジャンル不問の即売会・パフォーマンスイベント。フェチフェスは、日本が世界に誇る「ジャパニーズフェチ」の祭典です。

フェチフェスは、サブカルチャーやアートなど色んなジャンルが会場で出会い、刺激を受けて、化学反応を起こす場でもあります。ここで新たな「フェチ」が生まれて、ファッションの世界にも新たな風を吹き込み、普段の自分とは異なる自分になる。異性になりきったり、全身タイツに身を包んだり。そうした変身願望を満たすためのファッションアイテムも充実しています。

 

フェチへの入り口はファッションから「フェチ」というと、近寄りがたいイメージを抱く人もいるかもしれませんが、フェティッシュなファッションならば入りやすいのでは…。

 

「フェチ」といえば「フェティシズム(fetishism)」の略語で、さまざまな性的嗜好を表します。エロスをテーマにしているため、未成年の参加は不可になります。

 

例えば、普段着に「ラバー」&「首輪」を加えるだけで、見える世界が変わる!かもしれませんし、イベントの時だけでも、思い切ってしたことない恰好をしてみると「新しい自分」に出会えるかもしれません。フェチは、非日常への入り口だそうですから。

 

フェチフェスのネットの反応は?

 

フェチフェスについてTwitter投稿でどのように投稿されているかリサーチしてみました!結果面白そう…と思った私でした(笑)独特の世界観が印象的でしたが、フェチなので仕方ないか!と思える部分もありました!少し紹介します。

 

https://twitter.com/mochitama_yuzu/status/966259545335934976

最初に開いたらこの投稿…。インパクトが大きすぎる!(笑)

 

凄い!本当にフェチだと思える投稿です。かわいくて癒し…これこそフェチだ!!

 

マスク…お面の良さを知ってほしい…。会場に行ったら一つ購入してお面して帰りそうな自分がいます…(笑)

 

これまで紹介した3枚は優しい写真を紹介しました。厳しい写真(大人の)も多すぎて流石にそれは紹介できませんでしたが、インパクトが大きすぎて衝撃を受けました!こんな世界があったのかと…。もし、自分のフェチがあってそれが開催されたら行ってみたいと思うかもしれません…あくまでもイメージですが…。

 

今回「フェチフェス」有吉ジャポンのネットの反応は?

 

有吉ジャポンで「フェチフェス」が取り上げられることについて、ネットの反応が気になったので調べてみました!すると、意外と楽しみにしている方が多くいました(私もその一人ですが)。どんな投稿か、少し紹介していきます!

 

凄いリアルな回答ですね(笑)これは上昇によってみるしかない!

 

これは驚きますよね!地上波で放送していいのか…。いい企画なら…。

 

まさかの知っている人が出ているのか!?

 

今回見て見たら、実際に行っていた方の投稿が多いかったです!女の方の投稿も多い!皆さん凄い押してる(笑)これは見ないとですね!

 

まとめ

フェチフェス…調べても凄い企画なんだなと思うしかない自分…。中々インパクトが大きすぎる!友達に誘われて「行く?」と言われても、「うーん…今回パス」と言ってしまう自分がいそうです(笑)

強烈すぎて、お酒も3杯くらい飲まないと私はいけないと思うという事は、フェチがないということなのか?今回、書いたうえで「自分のフェチとは?」と気になったので、今度意識的に探してみたいと思います(笑)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
3児のパパ。3度の飯より野球とラーメンが好き。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© papakara , 2018 All Rights Reserved.