パパから日常の情報を届けます!

『効果抜群!』おすすめのダイエット記事!☞

新井見枝香が新井賞設立!コラム連載&noteも人気!「薦める本は必ず売れる」本屋大賞の実行委員を務める最強書店員に芥川賞作家は…

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
元パティシエで3児のパパしてます! ラーメン&野球をこよなく愛す33歳です。 元々インターネットの広告営業していたので、女性の美容関連&ダイエットも詳しので記事にしていきたいと思います。 後は、芸能ネタや住宅、子供関連のことも書いていきます♪

芥川賞・直木賞に並ぶ「新井賞」を設立!最強書店員・新井見枝香にセブンルールが密着

今回のセブンルールは最強書店員の「新井見枝香(あらいみえか)」さん。芥川賞、直木賞に次ぐ「新井賞」を設立。今や「新井賞」に選ばれたを購入する人が続出!?

三省堂書店に勤める「新井見枝香」さんは、本屋大賞の実行委員を務め、業界紙に連載を執筆しエッセイを出版。名だたる作家たちが厚い信頼を寄せる最強の書店員

トークイベント「新井ナイト」を開催したり、新井見枝香さんが薦めるは必ず売れると注目する平積みのレイアウトに店頭POPのコメントなど、買いたくなる売り場作りを「同業者」が見に来たりしています!

の審美眼に優れていると言われる新井見枝香さんは、10年前にアルバイトからスタートし、販売実績が認められて正社員に採用。その後、本店の営業本部に抜擢。本人曰く「会社のために働いてるわけじゃない」と。

そんな新井見枝香さんに注目してみました!

 

新井見枝香とは?

 

プロフィールー

名前: 新井見枝香(あらい みえか)

生年月日: 1980年(※現在37歳)

出身地: 東京都

職業: 三省堂書店員(アルバイト→正社員)

趣味: 読書

※2014年より「新井賞」スタート!

 

略歴

新井見枝香さんは、幼い頃から本が好きな両親の影響で自然と子供の頃から本を読んでいたそうです。

新井さんは、音大付属の中学時代に吹奏楽部で「ホルン」を演奏する音楽好きでもありました!
その時に「BL(ボーイズラブ)」の本にドハマりし、授業中のこっそり読んでいたそうです(笑)

大学時代には、同級生とロックバンドnon-fumo(禁煙の意味)でバンド活動をしていました。

ライブ活動が忙しくなり、授業にも出れないから大学を中退。
その矢先、バンド間での付き合いが大変になり解散!

その後「アイスクリームが死ぬほど好き」という理由だけで「サーティワン」バイト開始(笑)理由が凄い!

一度はアイスクリーム屋で働かないと後悔すると思ったそうです…。

 

その後、以前から足を運んでいた「三省堂有楽町店」に行くと、「バイト募集」の張り紙を見つけ、即電話(応募)して、翌日面接。見事アルバイトとして合格しました。

アルバイトからスタートし、販売実績が認められて正社員へ。

 

新井賞スタートは?

新井賞は「新井さんが個人でつくった賞」です。

新井賞発表後に、直木賞や芥川賞よりも売り上げをあげることもあると!今後注目の賞です。

もし「この作品に何の賞も与えられないなんて嘘でしょ!?」と思う本に出会ってしまったら、賞を作ってしまえばいいと…。

資金ゼロ。言ったもん勝ち。

ただ、賞を与えて入荷したからには、
責任もって死ぬ気で売る。

それはプライスレスな賞金と語っていました!

 

新井見枝香のコラムとは?

新井さんは「新文化」にて、コラムを掲載しています。私も書く前に見て見ました!新井さんらしいコラム内容になっていました。「新井さんがこんだけ情熱があり、本が好きなら面白くないわけがない」と思ったり「間違いないから人に薦めてみよう」まで思ってしまうくらい、良かったです!

 

クリエイターと読者をつなぐサイト「cakes(ケイクス)」は週150円で色んな方のコラムや記事が読めます!

途中までは無料で読めます(よくある途中から有料ページで)。1週間無料購読できるので、試しに新井さんの見て見ましたが「すでに本を注文しました」(笑)。

新井さんが薦める本が紹介されていたので、本当にAmazonで注文しました(笑)

是非、1週間は無料購読できるので「cakes(ケイクス)」見て見て下さい!

 

新井見枝香のnoteとは?

 

これは面白すぎる!noteは色んなクリエイターさんや作家さんもしています!新井さんは「最高」でしかないです!

そんなnoteを一部紹介します。ドハマりした私です(笑)

 

新井見枝香

都内某書店で働く独身37歳。「本屋さんであったいい話」とか「出版業界の未来」的なことは一切書いていないエッセイ本を、なぜかコンピューター書で有名な秀和システムより出版。タイトルは『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』

やっぱり新井さんのコラムのスタートが面白い「全裸でベッドに寝っ転がって口を開けてスマホをいじっていても、自分が何屋であるかは決して忘れていない。」ウケます(笑)

出だしで「キスしてくださいと、キスしてもいいですかだったら、どっちが怖くないだろうか。」この問いかけは怖すぎる(笑)

一銭も出ない内職…しないですね普通は(笑)でも、今思えばもっと図書カードを有効に活用しておけばよかったと思ったりもしています!

いかがだったでしょうか?凄く面白いですよね!是非ゆっくり電車の中で見て見て下さい。私は一人ニヤニヤしてしまい友人に注意されました(笑)

新井見枝香の「新井賞」に関してネットの反応は?

 

本を購入する方には根付いた「新井賞」。芥川賞、直木賞、新井賞…。ちょっと所か凄すぎる…。ネットで見ても、「芥川賞作家より新井賞が薦める本が気になる」と投稿されていました。

新井賞に対して、どんな感じの投稿口コミがあるのか少し紹介します!

 

この当たり前の「新井賞」が凄い。やっぱり身近な書店員さんが選ぶからフィットしやすいのかなと思います!個人的にですが。

 

この本も見たんですが、お恥ずかしながら帯は見てなかったので、この投稿を見た時はビックリしました!

 

手書きに愛が感じられます。工夫も凄いですが、本に対しての情熱も凄い!

 

https://twitter.com/MomentsJapan/status/953613205669949441

ここに自分の名前があると思うと凄すぎる…。直木賞、芥川賞、○○賞…。新井さん、本当に凄いです。。

 

まとめ

コンカイノセブンルールは、書店員ながらコラム連載を持つ新井見枝香さん。「新井賞」は聞いたことありましたし、帯で見たことありましたが、まさか本屋の店員さんだったとは今回初めて知りました。

芥川賞・直木賞に並ぶ「新井賞」を設立!という番組の見出しにビックリしました。見ると情熱や思い、感情が凄まじく熱い!本マニアでは失礼ですが、本のすべてを知りたいオーラ満載でした。本を書く先生方の思いも理解し、おススメにした本は売る!「私しつこいので」…かっこいい!

録画したので再度見たいと思います!&新井さんおススメの本をネットにて購入(笑)

 

The following two tabs change content below.
元パティシエで3児のパパしてます! ラーメン&野球をこよなく愛す33歳です。 元々インターネットの広告営業していたので、女性の美容関連&ダイエットも詳しので記事にしていきたいと思います。 後は、芸能ネタや住宅、子供関連のことも書いていきます♪
この記事を書いている人 - WRITER -
元パティシエで3児のパパしてます! ラーメン&野球をこよなく愛す33歳です。 元々インターネットの広告営業していたので、女性の美容関連&ダイエットも詳しので記事にしていきたいと思います。 後は、芸能ネタや住宅、子供関連のことも書いていきます♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© papakara , 2018 All Rights Reserved.